メニュー

毛根とは?毛の構造について。

毛根脱毛

 

ムダ毛は、上の図のような構造になっています。

 

  • 毛幹:表皮から上に出ている部分
  • 毛根:表皮から下にもぐっている部分
  • 毛球:毛根の根っこにある膨らんでいる部分
  • 毛乳頭:毛球の先端部分。毛母細胞から栄養を取り込む。
  • 毛母細胞:毛を作っている細胞。

 

毛乳頭の毛母細胞が毛を再生しているため、毛母細胞を破壊しない限り、
いくら毛が抜けても、毛の再生はやみません。

 

レーザー脱毛は、毛根のメラニンにレーザーを当てて熱を発生させ、
その熱で毛母細胞を破壊することで、毛の再生力を破壊するという方法をとっています。

 

医療レーザー脱毛とエステ脱毛(フラッシュ脱毛)の違い

クリニック(医療レーザー脱毛)

医療レーザーは、毛根の毛球部分のメラニンにのみ吸収され、
確実に毛母細胞を破壊します。
毛母細胞が破壊された毛穴からは、毛が再生することはありません。

 

エステ(フラッシュ脱毛・光脱毛)

かつては、技術力のないエステサロンも多く、肌色や毛質にあった出力で照射することをしなかったため、
火傷などのトラブルが多く発生しました。

 

これを受けて現在は、
エステの脱毛で、毛根を破壊できる機械を使用することが法律で禁じられています。

 

このため、エステで使用されている光脱毛は、医療レーザー脱毛と違って、
毛母細胞を破壊することができません。

 

レーザーよりも弱い熱で毛根にダメージを与えるため、医療脱毛ほど完全に脱毛することはできません。
効果が出るまでに時間がかかり、毛の再生も見られます。
医療レーザーよりも回数が必要なのはこのためで、出力の低さを補うため、
ミュゼや脱毛ラボなどは、抑毛成分が配合されたジェルなどと併用しています。

 

その代り、医療レーザーと比べると、格段に痛みも少なくなります。
痛いのが苦手な方や、毛の量がさほど多くない方は、
痛みが少なく価格も安いエステ脱毛も魅力ある脱毛方法です。

 

 

このサイトのトップへ

→ この記事を読んだ人は、この記事も読んでいます。

ページトップへ戻る